エクシングロゴ
home
エクシングスタイル
お取り扱いサービス
ガス安全機器
快適リフォーム
インフォメーション
エクシングコラム 昼下がりの杜
地域関連リンク集
採用情報
会社概要
お問い合わせ
 
エクシングコラム 昼下がりの杜

「四季折々の行事を知り、日本の文化を楽しもう!」
日本には四季折々、古来より伝わる行事がたくさんあります。
今回は冬の行事の中から、「人日(じんじつ)の節句」について掲載させていただきたいと思います。

「人日(じんじつ)の節句」は五節句のうちの行事です。
この五節句というのは唐時代の中国の暦法で定められた季節の変わり目のことをいうそうで、1月7日を「人日の節句」、3月3日を「上巳(じょうみ)の節句」、5月5日を「端午の節句」、7月7日を「七夕の節句」、最後に9月9日を「重陽(ちょうよう)の節句」というそうです。
なぜこのような行事ごとが行われるようになったかというと、1月7日を除いた他の日は全て奇数の月と日が重なります。奇数を陽と考え、奇数が重なる日を陰とし、邪気を祓う目的でこれらの行事は始まりました。平安時代にはこの五節句を含めた節会(せちえ)と呼ばれた公式行事が行われていましたが、江戸時代に幕府が「人日、上巳、端午、七夕、重陽」を式日として定め、五節句として重視しました。この制度も明治には廃止されましたが、現在も年中行事として親しまれています。


【人日(じんじつ)の節句とは?】
五節句の中で1番目の節句です。
「人日(じんじつ)の節句」と聞くとあまり馴染みがありませんが、1月7日のお正月の最後に七草粥を食べる風習はかなり馴染みがあるのではないでしょうか?
現在では1月1日〜3日までを「三が日」、7日までを「松の内」といい、この期間を「正月」と言っていて、地方によっては20日までを正月とするところもあるようです。なぜ「人日(じんじつ)の節句」と呼ばれるようになったのか?そして、お正月最後のこの日に七草粥を食べるようになったのか?これからご紹介していきたいと思います。
七草粥イメージ
人日とは文字通り人の日です。
古来中国の風習で、正月1日から1日を鶏(とり)、2日を狗(いぬ)、3日を猪(ぶた)、4日を羊、5日を牛、6日を馬、7日を人、8日を穀というように、順番に占いを立て、その日が晴天だったら吉とし、雨天なら凶の兆しであるとしていました。そこで7日は人の日なので邪気を祓うために7種類の若菜を入れた汁物を食べて1年の無病息災を祈るようになったと言われています。
この風習は平安時代に日本に伝わりました。日本にも、「若菜摘み」といった風習がもともとありました。 これは七種の野草を年のはじめに摘む行事です。古来中国から伝わった風習と、もともとあった「若菜摘み」という風習が結びつき、江戸時代のころには現代のような春の七草(セリ・ナズナ・ゴギョウ・ハコベラ・ホトケノザ・スズナ・スズシロ)が入った粥を食べるようになりました。
現代ではお正月のおせち料理に疲れた胃腸を回復させる「箸休め」として七草粥を食べることが一般的です。

 
 
 
  株式会社エクシング (C) XING Corporation. All Right Reserved